東銀座駅から徒歩5分の「銀座ときた鍼灸治療院」は、首・肩こりや腰痛、膝痛、PC・スマホ症候群、ぎっくり腰の、つらい痛み・シビレをすばやく改善。20時まで受付

中医学に基づいた鍼灸・カッピング治療の

銀座 ときた鍼灸治療院

中央区銀座7-14-13 ラフィーヌ銀座1101【毎日夜20時まで受付】

東銀座駅徒歩5分
  毎日夜8時まで受付!  
当日予約可能です。

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-6264-2056

眼精疲労・目の疲れ

眼精疲労・目の疲れ

スマホやPCを日常的に使う現代は、眼の筋肉が疲労を起こしています。

スマホ・・・焦点が近くなるので、毛様体筋に過度な負担がかかります。
PC・・・・長時間同じ姿勢。眼球を同じ位置で動かさない状態。外眼筋の疲労になります。

明るすぎる画面は・・・・瞳孔の大きさの調整から、必要以上に眼の疲労が生じます。

また仕事でPCを使う方は、自律神経のバランスを崩しやすくなります。
自律神経に関してはこちら

精疲労と“疲れ目”は同じものだと思われがちですが、実は違います。疲れ目は一時的なもので、休息や睡眠をとれば自然に回復し、体への悪影響もほとんどありません。一方、眼精疲労は、目だけではなく体の別の部位にも影響を及ぼし、慢性的に頭痛や肩こりなどの症状が現れることもあり、休息や睡眠では回復しません。眼精疲労の多くは目の筋肉の疲労、すなわち“こり”が原因です。

眼精疲労への鍼治療

眼精疲労への鍼治療

後頭部の深層筋、後頭下筋群への鍼通電
眼球を動かすと連動する筋肉に後頭下筋群という後頭部の最深層に位置する筋肉があります。
後頭下筋群はスマホやPCを使うことで生じる、首・肩のこりの原因になる筋肉です。
後頭下筋群を鍼通電することで、首・肩のこりを緩め、眼精疲労を軽減していきます。

側頭筋への鍼通電
眼精疲労が続くと、コリだけでなく、頭痛や吐き気を生じることもあります。
意識的に眼球を動かすだけでなく、PC、スマホ、TVなどのモニターを無意識にみているだけでも目にはかなりの負担がかかります。
つい、こめかみを押さえたくなるような時は、眼精疲労からくる側頭筋のコリが原因です。
側頭筋への鍼通電をすることで、コリを解消し、眼精疲労を軽減していきます。

眼精疲労への鍼治療につかうツボは・・・

後頭部の深層筋、後頭下筋群への鍼通電
眼球を動かすと連動する筋肉に後頭下筋群という後頭部の最深層に位置する筋肉があります。
後頭下筋群はスマホやPCを使うことで生じる、首・肩のこりの原因になる筋肉です。
後頭下筋群を鍼通電することで、首・肩のこりを緩め、眼精疲労を軽減していきます。

側頭筋への鍼通電
眼精疲労が続くと、コリだけでなく、頭痛や吐き気を生じることもあります。
意識的に眼球を動かすだけでなく、PC、スマホ、TVなどのモニターを無意識にみているだけでも目にはかなりの負担がかかります。
つい、こめかみを押さえたくなるような時は、眼精疲労からくる側頭筋のコリが原因です。
側頭筋への鍼通電をすることで、コリを解消し、眼精疲労を軽減していきます。

ご予約・お問合せは、お気軽にこちらから!

ご予約、お問合せは、お気軽にこちらから!

03-6264-2056

メールでのご予約、お問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

ごあいさつ

院長:時田 恵一

親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。

アクセス

03-6264-2056
住所

東京都中央区銀座7-14-13
ラフィーヌ銀座1101

東銀座駅 徒歩約4分
築地市場駅 徒歩約4分
新橋駅 徒歩約7分

営業時間

11:00~20:00(不定休)

メールでのお問合せは24時間受け付けております。